太陽光発電の教科書 歴史編

三洋電機の太陽光発電の歴史

東海道新幹線の米原駅と岐阜羽島駅の中間付近に、ソーラーアークという施設があります。これは独特の形状をしており、車窓を眺めている人の目を引きます。このソーラーアークとは、三洋電機が建設した太陽光発電施設です。本格的な太陽光発電所であるのと同時に、ソーラーアークには太陽電池科学館が併設されており、三洋電機の太陽光発電に対する積極的な企業姿勢を強くアピールする役割を果たしています。

三洋電機は太陽電池に広く利用されている、アモルファスシリコンという素材を利用した太陽電池を世界で初めて実用化した企業として知られ、アモルファスシリコン太陽電池は現在でも広く利用されています。

さらに三洋電機は、この「非結晶」を意味するアモルファスシリコンと結晶素材を接合したHIT太陽電池という独自技術の開発に成功し、太陽電池モジュールの設置面積あたり発電量において、世界一を達成しました。このHIT太陽電池を利用することにより、世界初となる両面発電が可能な太陽電池も発売しており、三洋電機の高い技術力が証明されています。

太陽光発電 主要メーカーの開発歴史

シャープの太陽光発電の歴史

「エコロジークラスでいきましょう」という企業キャッチフレーズは、シャープが環境問題に高い意識を持っていることを示すためのものです。そこにはもちろん、太陽光発電事業への取り組みも含まれます。

三菱電機の太陽光発電の歴史

三菱電機の太陽光発電に対する取り組みは、石油危機に端を発したサンシャイン計画にさかのぼります。太陽光発電の老舗メーカーとして、現在でも高い信頼性を獲得しています。

京セラの太陽光発電の歴史

常にグローバルなビジネス展開をしている企業として、京セラの太陽光発電事業も視野は常に世界へ向けられています。それは世界を良く知る京セラならではの、ユニークな製品開発にも表れています。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright(C) 2008 太陽光発電の教科書 歴史編 All Right Reserved.