太陽光発電の教科書 歴史編

三菱電機の太陽光発電の歴史

三菱グループの創始者である岩崎弥太郎氏は「国家とともに歩む」という経営理念を持っていました。その経営理念は現在でもいかされており、石油危機を契機に国が策定したサンシャイン計画に呼応するように、三菱電機は太陽電池の研究開発に着手しました。

太陽光発電のトップランナーとして業界をリードしているシャープや三洋電機は家電メーカーです。それに対し、三菱電機は総合電機メーカーです。この両者の違いは家電以外の重電などの製品があるかどうかで分類され、人工衛星まで製造していることからも三菱電機は総合電機メーカーであることが分かります。

家電メーカーが一般家庭向けの製品に強みを持つのに対し、総合電機メーカーである三菱電機は工場や大規模プラントなど、一般家庭とは違った市場に強みを持ちます。そのため、1990年前半頃までの三菱電機には、人工衛星や公共・産業システムなどの大規模事業への参画例が多く見られます。

家電メーカーよりやや遅れて1996年には住宅用事業に参入しますが、商品の性能やデザイン性が優れていることから各方面の賞を受賞しています。2003年には太陽電池モジュールの無鉛化に国内メーカーとして初めて成功しています。販売実績は順調に伸びており、生産能力の増強が続けられています。

太陽光発電 主要メーカーの開発歴史

シャープの太陽光発電の歴史

「エコロジークラスでいきましょう」という企業キャッチフレーズは、シャープが環境問題に高い意識を持っていることを示すためのものです。そこにはもちろん、太陽光発電事業への取り組みも含まれます。

三洋電機の太陽光発電の歴史

太陽電池の素材を技術的に大きく分類すると、結晶シリコンとアモルファスシリコンに分類されます。三洋電機は世界で初めて、アモルファスシリコン太陽電池を実用化した企業です。

京セラの太陽光発電の歴史

常にグローバルなビジネス展開をしている企業として、京セラの太陽光発電事業も視野は常に世界へ向けられています。それは世界を良く知る京セラならではの、ユニークな製品開発にも表れています。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright(C) 2008 太陽光発電の教科書 歴史編 All Right Reserved.