太陽光発電の教科書 歴史編

京セラの太陽光発電の歴史

京セラが太陽電池メーカーとして研究開発を開始したのは1975年のことです。これは他の主要メーカーとほぼ同時期で、そのきっかけとなったのはこれも他のメーカーと同じく石油危機とサンシャイン計画です。石油に代わるエネルギーの必要性を認識したことが全ての始まりです。

1979年には製品の出荷を開始しており、初の納品は南米ペルーで、海抜4,000メートルという高地での電力供給を可能にする太陽光発電システムでした。京セラは世界規模での社会貢献を社是としている企業であることから、初の納品例も実に京セラらしい案件となりました。その姿勢は、世界各地の僻地などでの電力供給を目的とした太陽光発電システムの寄贈活動にも表れています。特にモンゴルの遊牧民のように特定の住居を持たない人々への携帯型太陽光発電システムの開発はユニークです。

太陽光発電は同じ条件下で太陽光を受けて、どれだけの電力に変換出来るかというのが製品の性能として重視されます。1987年にはこの変換率において世界最高を達成し、以後の京セラ製品も高い変換効率が維持されています。

京セラの太陽光発電事業は現在も順調に伸びており、増大する需要に応えるために生産拠点の拡大が続けられています。

太陽光発電 主要メーカーの開発歴史

シャープの太陽光発電の歴史

「エコロジークラスでいきましょう」という企業キャッチフレーズは、シャープが環境問題に高い意識を持っていることを示すためのものです。そこにはもちろん、太陽光発電事業への取り組みも含まれます。

三洋電機の太陽光発電の歴史

太陽電池の素材を技術的に大きく分類すると、結晶シリコンとアモルファスシリコンに分類されます。三洋電機は世界で初めて、アモルファスシリコン太陽電池を実用化した企業です。

三菱電機の太陽光発電の歴史

三菱電機の太陽光発電に対する取り組みは、石油危機に端を発したサンシャイン計画にさかのぼります。太陽光発電の老舗メーカーとして、現在でも高い信頼性を獲得しています。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright(C) 2008 太陽光発電の教科書 歴史編 All Right Reserved.