太陽光発電の教科書 歴史編

太陽光発電の教科書 歴史編

物質に光を当てると電気が発生する現象を「光起電力効果」と言います。これが発見されたのは1839年にまでさかのぼります。その発見から100年以上も経過した1954年には光起電力効果を利用し、太陽光で電力を得る太陽電池が発明されました。

現在では太陽光発電が次世代エネルギーの最有力候補として期待され、世界規模での普及が進んでいますが、太陽光発電が現在の地位に至るまでには50年以上もの歳月を要しました。

このサイトでは、1954年の歴史的な太陽電池発明から、太陽光発電が今日の発展を遂げるまでの歴史をご紹介します。

太陽光発電の教科書 ー歴史編ー

太陽光発電の歴史

歴史的な大発明から現在に至るまで約50年の歳月を経て、太陽光発電は技術的にも大きく発展を遂げ、また資源問題の解決策として大きく期待されるエネルギーへと成長しました。太陽光発電をめぐる約50年の歴史を紐解いてみましょう。

太陽光発電主要メーカーの開発歴史

太陽電池、及び太陽光発電システムの技術レベルや生産量において日本は世界一の地位を占めています。それは日本国内に高い技術力を誇るメーカーが存在しているからです。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright(C) 2008 太陽光発電の教科書 歴史編 All Right Reserved.